2007年9月25日 (火)

心によいものやこと

ここ最近、こころが豊かになるような、そんな時間を多くもてています。

先週の土曜日、映画「めがね」を見に行ってきました。初日の、初回。だいすきな小林聡美さん、もたいまさこさんがでているので、一刻も早く見たかったのです。

ゆったりとした気持ちで、ときどきくすりと笑いながら、「たそがれてしまう」映画でした。音楽、すごくよかった。それに、まわりにさりげなく置かれた雑貨や、家具なんかも。 教訓めいたことはありませんが、見終わったあとの心がお掃除されてすっきりしたような感覚は心地よいです。のんびりとした気持ちでぜひ見てください。

今日はというと、美容院に行ってきました。(また)ボブ子になって、おまけに頭ふわふわになりました(パーマ)。なんとなく、私ひつじみたい・・・?

あと1週間したら、いよいよけいくんの誕生日です。実は、サプライズでプレゼントする予定。ただいまちくちく製作中です。うふふ。びっくりして、それから喜んでくれるといいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

かもめ食堂

かもめ食堂、を観た。 フィンランドで食堂をする、日本人女性を中心にお話は進む。映画のいろいろな場面で、ひそかに存在感を放っている北欧雑貨。おいしそうで家庭的な和食。ユニークなフィンランドのひとたち。それに、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこ、というすごーいオーラのある日本人(とくに、まさこさん)! 特にハプニングは起こらないし、毎日のことをさらさらと描いている映画なのだけれど、それでも本当に素敵な映画だと思った。原作も読もうと思ってます。

学校が、もうすぐ終わります。さーびーしーいー!!みんなみんな、学校終わっても末長くよろしくねー。お菓子作りたいなぁと思っているのだけど・・・できたらいいなぁ。

ただいま、アルバイト先のhumでは木のうつわ展をしています。8日までなので、あと少し。がんばりまーす!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

エヴァとステファンと素敵な家族

里帰り中に、今まで見たかった映画をたくさんレンタルしてます!THE3名様シリーズも制覇!ブリジット・ジョーンズ2作目も見たし、「死ぬまでにしておきたい10のこと」も見ました。中でもとりわけいちばんだったのは、「エヴァとステファンと素敵な家族」。ストーリーは・・・

1975年、ストックホルム。パパとけんかしたママが、エヴァとステファンを連れて向かった叔父さんの家。そこは、ヘンテコな人たちが一緒に暮らす“コミューン:Together”だった。テレビはない、お肉も食べられない、クリスマス・プレゼントだってない!!初めは馴染めず、殻に閉じこもってばかりだったけど、とびきり魅力的な住人たちとの生活の中で、エヴァとステファンの頑なな心は次第に溶けてゆく。そしてある冬の夜、ひとりぼっちになったパパがママを迎えにやって来て…。(official siteより)

北欧の映画で、出てくるお家や車、家具や雑貨などはやっぱりかわいい。それに、ここに住む人たちが本当に魅力的!みんな自分が一番正しいと頑なに信じていて、だからことあるごとに衝突する。でも、思うことをそのままぶつけあって育まれていく友情や愛情はとても美しい。ただのかわいい映画じゃなく、ひとの心の汚い部分もさらけ出した映画だから素敵なのかもしれないなぁ。エヴァの小さな恋には、ほよほよとなります。ぜひぜひ、おすすめの映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

間宮兄弟

日曜日、彼と梅田へ「間宮兄弟」を観に行きました。ちょこちょこ笑えるところがあって、兄弟だからこそ分り合える、気を使わない暮らしがすごくいいなぁと思った。夏には浴衣を着たり、クリスマスにはツリーを飾ったり、そういうのもすごくいい。女の子にモテなくても、ちょっと変わってるって言われても、私は魅力的だと思う。徹信(塚地くん)の寝てるときの手がかわいいです。2人の住むお家に遊びに行ってみたいなぁ。人生ゲームとかもしたい。 映画がおわったあとのリップスライムの曲もとってもいい!ぜひぜひ、おすすめの映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月14日 (日)

この場所

きょうは、ははのひ。朝いちばんにお母さんに電話した。プレゼントはまだ選べてなくて、だからもうちょっとだけ待ってねと言いました。うーん。なにがいいかなぁ。お母さんにぴったりの、喜ぶものをプレゼントしたいと思ってるんだけれど・・。明日にでもお買い物に行ってきます。

「誰も知らない」を観た。結構重めの映画で、心臓がぐしゃりとつぶれるような映画だった。私はいいお母さんをもったな、と思った。これが本当に起こった事件に基づいているらしく、それを知ってますます涙がでた。私が母親になる時がきたら(まだ全然想像できないことだけど)、夫とこどもとできるだけ陽気に暮らしたい。いやなことがあってもそれをはのけちゃうくらいに。

時間が必要なのかもしれないなぁ。私はなんのためにいるんだろうって不安になる。ほんと、いやになる。少なくともこの場所には、明日いたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

えいが | おでかけ | おんがく | くらし | ごはん | ざっか | てづくり